いずみそれいゆライオンズクラブ例会訪問

いずみそれいゆライオンズクラブの例会訪問をさせていただきました。@ホテルきららリゾート関空

2018年1月17日、ホテルきららリゾートにおいて、いずみそれいゆライオンズクラブの例会訪問をさせていただきました。

いずみそれいゆライオンズクラブの例会は、皆様揃いの黒のジャケットを羽織られ、例会開始時刻まであと何分というアナウンスがなされるなど、きっちりした雰囲気がありながらも、食事の時間になると非常に和気あいあいとアットホームな雰囲気だったのが印象的でした。

新会員入会式  
この日は、光栄にも、新会員の入会式にも列席させていただくことができました。
会員らがペンライトを振る中、「ライオンズの光」(下記に全文)が朗読されました。小さな明かりも、集まれば多きな光明となる。幻想的かつライオンズの理念を確認できる大変素敵なイベントでした。

会則勉強会
335-B地区会則委員長のライオン八木勝治に、会則勉強会を実施していただきました。
いずみそれいゆの会員からも大阪はなみずきの会員からもたくさん質問が出て、活発な勉強会となりました。

335-B 地区 会則委員長 LC八木勝治

お食事
見た目もお味もすばらしく、女性にとても嬉しいランチでした。ランチを楽しみに例会にきてしまいそう(笑)

見た目も味もおいしいランチ

終わりに
今回の例会訪問は、 同じ女性クラブとしても、大変参考になり、刺激をいただきました。
誠にありがとうございました!

「ライオンズの光」
一本の明かり
一本の、小さな明かり
それはわずかに身の廻りを照らすにすぎない
しかし幾千万と集まれば
影と闇とをなくする一本の、小さな明かり
巨大な光明となるにちがいない

一本の明かり
一本の、温かい明かり
それはライオンズ精神にもたとえられる
一人の胸にともされたライオンズ精神は
たとえその明かりは乏しくとも
その光は地域社会を照らしつづけよう

ライオンズの願いは限りなく大きい
だから、すべてのライオンよ
今こそ胸の光を結集して
太陽のごとく
奉仕と友愛との輝きを
地上のいたる所にゆきわたらせようではないか

宮城県石巻市被災地訪問

2日間の日程で宮城県石巻市を訪れました。一日目は石巻中央ライオンズクラブCN50周年記念例会に出席し、翌日は石巻の復興状況を視察してきました。

石巻中央ライオンズクラブ

チャーターナイト50周年の式典に出席させていただき、大阪はなみずきライオンズクラブのチャリティーゴルフコンペの収益金から義援金として50万円をNPO法人 移動支援Rera(災害移動支援ボランティアRera)様へ贈呈させていただきました。

石巻市の復興状況

2日目は石巻中央ライオンズクラブ会長L阿部浩の奥様阿部あけみ様、そして石巻市在住で被災者でもある木村正様に運転していただき被災地の一部を案内していただきました。

大川小学校にも連れて行っていただきました。大川小学校は津波にあった姿のままメモリアルとして残されるそうです。

石巻市は被災地の中でも復興が遅れている地域なのだそうです。あちらこちらで行われていた道路の復興工事。どの道路も高さを上げて建設されるために、多くの土砂が運ばれて来ていました。

移動支援Rera、仮設住宅、そして復興住宅

復興住宅の建設が進み、仮設住宅から居心地が良くプライバシーも守られる復興住宅への移動が順調に進んでいる様子でした。しかし、引越した後に仮設住宅に戻りたいという悲劇も生まれるそうです。

経済的な理由の場合もありますが、それだけではなく、復興住宅で近隣に知り合いもなく、公共交通機関が充実していないために、家に引きこもって孤独な生活に陥る被災者の方々の数は少なくないそうです。そこで、移動支援Reraの存在がとても大切なものとなります。体の不自由な方々や移動手段を持たない被災者の方々の支援をされています。

チャリティ先の選択は一つ間違えば、実は経済的な援助は必要なさそうな団体だったということがあります。しかし、今回Reraのオフィスを訪れ、スタッフの皆さまとお会いし、活動の内容を聞かせていただいて、支援を続けてきたことを嬉しく思いました。

視察を振り返って。。。

震災で起こる死亡率は震災発生時よりも、被災後の生活での数の方が高いと聞きます。

今回の視察は、石巻中央ライオンズクラブとの繋がりで、さらに充実したものとなりました。石巻を案内してくださった木村正さまや阿部あけみさまからも貴重なお話や体験談をたくさん聞かせていただきました。

一つ一つのクラブでの活動には限界が来ている今、他クラブとの協力でさらに充実した活動ができる可能性を考える時期ではないかと思いました。

能勢ライオンズクラブ|チャーターナイト40周年記念式典

能勢ライオンズクラブのチャーターナイト40周年の式典を訪問してきました。

式典:能勢浄瑠璃シアター
祝宴:汐の湯温泉

ゴールデンウィークの最終日、晴天の中多くの人々がお祝いに能勢浄瑠璃シアターへ集まりました!

東日本大震災復興支援事業

能勢ライオンズクラブでは能勢の米を大槌町へ送るという事業「能勢米百俵」を続けていらっしゃいます。

最初は東北まで米をどのように運送するかということで、反対意見も出たそうですが、今では継続事業となっているそうです。

世の中には様々な事情で援助を必要とする地域が多くあります。その中で、どの地域へどのような援助をするのかという選択、そして継続を必要とするのか、常に判断が必要となります。

私たち大阪はなみずきライオンズクラブでも、今後、どのような災いにどのような援助ができるのか、改めて話し合う機会が持てたらいいなぁ、とふと思いました。

大阪天神橋LC|iPS細胞の臨床応用に向けて

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥教授を所長とする京都大学iPS細胞研究所ではiPS細胞技術を多くの難病や怪我の治療に役立てるために研究が続けられています。

日時: 2016年5月11日 12:30〜14:00
場所: 帝国ホテル大阪 4F「撫子」


今回は大阪天神橋ライオンズクラブの1189回例会を訪問させていただきました。

講演者として京都大学iPS細胞研究所国際広報室から基金グループ長の渡邉文隆様をお迎えした素晴らしい例会でした。

iPS細胞研究所(CiRA)

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥教授を所長とする京都大学iPS細胞研究所ではiPS細胞技術を多くの難病や怪我の治療に役立てるために研究が続けられています。

iPS細胞研究基金

2030年までの目標

  • iPS細胞ストックを柱とした再生医療の普及
  • iPS細胞による個別化医薬の実現と難病の創薬
  • iPS細胞を利用した新たな生命科学と医療の開拓
  • 日本最高レベルの研究支援体制と研究環境の設備

寄付金の使途

  • 優秀な研究者や研究支援者の長期雇用
  • 医療応用に向けた研究費としての支出
  • 若手研究者の教育、安定的な研究の推進
  • iPS細胞技術の特許確保と維持

詳しい情報はこちらから
iPS細胞研究基金|iPS Cell Research Fund

大阪天満ライオンズクラブ|認証53周年記念例会 & 祝宴

はなみずきのスポンサークラブである大阪天満ライオンズクラブの認証53周年記念例会を訪問してきました。

日時: 2016年4月21日 17:30〜20:30
場所: リーガロイヤルホテル28F サファイアルーム


大阪はなみずきライオンズクラブにとってスポンサークラブでもある大阪天満ライオンズクラブ。
大阪でも歴史の深い大阪天満ライオンズクラブの認証53周年記念例会と祝宴を訪問してまいりました。

和やかな雰囲気で素晴らしいイベントでした。

第一部 式典

式典ではアクティビティ発表に伴い目録贈呈が行われました。

皆出席メンバーとして16年皆出席のL山下秀夫、6年皆出席のL内田昌彦、1年皆出席のL小林雄にお祝いが渡され、大阪天満ライオンズクラブの結束の硬さを拝見させていただきました。

第二部 祝宴

実行委員長のL中田惠三の挨拶で始まりました。

アトラクションとして株式会社マジックポットの代表取締役のトリットさんこと、前田真孝さんのマジックが披露されました。

マジックポットの詳細:http://magicpot.jp

素晴らしいスポンサークラブを見習って、大阪はなみずきライオンズクラブも成長していきたいと思える、楽しい夜でした。

We Serve!

例会訪問|豪栄道関の化粧回し贈呈式

大阪梅田ライオンズクラブの例会を訪問しました。

大阪梅田ライオンズクラブ

日時: 2015年7月29日
場所: ホテルグランビア大阪


スライドショーには JavaScript が必要です。


大阪梅田ライオンズクラブ例会に参加させて頂きました。

平成27年間名古屋場所にてつけて頂きましたが贈呈化粧回しをつけられるまでは黒星でしたが贈呈化粧回しをつけてからは白星をあげ大変縁起の良い化粧回しとお話し頂きました。

会場ではお子様と相撲をとって頂けたりお子様からの質問コーナーにて今まで一番嬉しい勝星はとの質問に白鵬関に勝った試合が一番嬉しかった試合ですとコメント頂きました。