第281回例会|4クラブ親子合同例会

毎年恒例で行われる親子合同例会。今年は大阪堂島ライオンズクラブがホストしてくださいました。

於:ANAクラウンプラザホテル大阪

大阪堂島ライオンズクラブ 第1344回例会
大阪天満ライオンズクラブ 第1307回例会
大阪はなみずきライオンズクラブ 第281回例会
大阪マザーVBライオンズクラブ 第77回例会

スポンサークラブ

新クラブの結成を主力となって推進したクラブをスポンサー・クラブ(親クラブ)と呼びます。スポンサー・クラブは新クラブ結成後も、例会の指導やチャーター・ナイト開催の援助など、あらゆる指導と援助をしてくださるそうです。

大阪はなみずきライオンズクラブのスポンサークラブは大阪天満ライオンズクラブです。そして大阪天満ライオンズクラブのスポンサークラブが大阪堂島ライオンズクラブ。3世代のクラブが揃いました。

そしてもうひとクラブ、大阪マザーVBライオンズクラブ。こちらのスポンサークラブも大阪堂島ライオンズクラブ。

今日は親戚クラブの集まりといった感じで和気藹々とした合同例会でした。

テールツイスターの活躍

ライオンズクラブには名前を聞いただけでは「はて? 何の役だろう?」という不思議なタイトルの役員が存在します。それがテールツイスターです。

テールツイスターには、例会で種々のアイデアによって会合を盛り上げ、会員間の親睦を図るという役割があります。

今回の合同例会ではホストクラブ・大阪堂島ライオンズクラブのテールツイスターL竹中明仁が「ある・ないクイズ」を用意してくださいました。景品も用意してくださり、最後に余った最後の一つの景品が不思議な経由で私に回ってきました。ありがとうございました!

また会う日まで

ライオンズクラブのメンバーのメリットの一つとして、素晴らしい仲間に会えるということをおっしゃる先輩方がたくさんいらっしゃいます。

合同例会への出席は他クラブのメンバーの方達と交流できるという楽しみがあります。

今日、一緒のテーブルだった方々をはじめ、会場にいらっしゃった全てのメンバーの皆様、また会う日まで、お健やかに!

第275回例会|紅茶セミナー

2016年11月22日11:30〜14:00、シティタワー大阪天満34Fスカイラウンジにて、ティーライフスタイリスト/ハーブティインストラクターの砂川愛子先生・西田朋香先生をお招きして第275回紅茶例会が開催されました。

本例会には、地区FWT委員長L笹部美千代(岸和田コスモスLC)なと地区FTW委員・元委員及び大阪天神橋LC、また当クラブメンバーの友人方にもお越しいただきました。

於:シティータワー大阪天満 「スカイラウンジ」

「子どもの貧困について」

2016年8月30日に開催されました335-B地区主催FWTセミナー「輝く子どもの未来のために」(今、ライオンズとして何が出来るのか?)について、L笹部美千代よりお話いただきましたので、メインである紅茶セミナーのご報告をさせていただく前に少し書かせていただきます。

日本では、6人に1人の子どもが、「相対的貧困」、すなわちその社会で大多数が当たり前と思っている生活ができず、社会参加ができない状況に陥っています。特に、母子家庭において深刻な状況となっており、母親が懸命に働いても賃金が低く、貧困から脱出できず、その結果子どもが十分な教育を受けられず貧困が繰り返されることが懸念されています。

数年前には、今回の例会会場のすぐそばで、親子が餓死するというショッキングな出来事がありました。生活保護を受ければよかったのに、分からないなら誰かに相談すれば良かったのに。私たちはそう思っても、そういう知識もなければ相談して頼れる人もいない方が世の中にはいます。このような方々にどうやってアクセスするかというのは本当に難しい問題です。

紅茶例会

以下、講師の先生方に配っていただいたレジュメに、教わったことを追記して記載させていただきます。
今後紅茶を召し上がる際には是非参考にしてみてください。

☆おいしい紅茶とは

美味しい紅茶の条件は
 ①香り ②水色(すいしょく) ③味わい
の3つであると言われています。
この中でも特に大切なのが「味わい」です。味わいを引き出すポイントは以下の2つです。

  1. 汲み立ての水道水を使う
    理由:汲み立ての水道水は酸素を多く含み、これが閉じた紅茶の茶葉を開かせるため
  2. 熱湯(限りなく100℃に近いお湯)で淹れる
    理由:茶葉のタンニンが美味しく抽出されるため

☆おいしい紅茶の淹れ方

一人分の分量:茶葉3g(約小さじ1杯)、お湯165cc

  1. 水道から汲み立ての水道水を使用し、強火でたっぷりお湯を沸かします。
  2. ティーポットを温め茶葉を量り入れます。
    茶葉を対流させるために2杯分(6g)以上入れましょう。
    ※ティーポットを温める時は、ティーポットティーポットに少しお湯を入れ、蓋をしてくゆらせます。
  3. しっかりと沸騰されたお湯(ポコポコしだしてから30秒〜1分沸かす)をティーポットに注ぎます。
    この時、お湯の温度が下がるのを防ぐためにティーポットをやかんの近くに持って行きます。
    ※お湯は、10円玉大の泡が出て来る頃が目安です。
  4. ティーコジーをかぶせて砂時計で時間を計ります。
    茶葉を蒸らす時間の基本は3分、茶葉の大きさによって変わります。
    ※ティーポットの下にティーマットを敷くと、より熱が逃げにくくなります。なるべく温度が下がらないようにするのがポイントです。
  5. できあがった紅茶を別のポットに移し濃さを均一にします。(ポットtoポット)
    ※移し替えるさきのポットも温めておくと良いです。
    →美味しい紅茶のできあがり!
    紅茶は最後まで出し切りましょう。

☆Q&A

Q:
ティーバッグのお茶はどうやって入れるのが良い?
A:
カップをあたため、お湯を入れからティーバッグを入れましょう。(ティーバッグを先に入れると、ティーバッグが浮いてしまいます。)
Q:
ミルクティーを作る時のミルクの温度は?
A:
温めると牛乳特有の香が出てくるので、基本的に温めるのはNGです。寒い日に温めるとしても、ピッチャーだけ温めるのがベターでしょう。

☆終わりに

紅茶と一緒に、「バッテンバーグ」というケーキをいただきました。名前の由来は、その見た目が、ヴィクトリア女王の孫が嫁いだドイツの貴族の紋章に似ているためです。紅茶といただくために作られたケーキということで、甘さ控えめで大変美味しかったです。

紅茶はストレートでいただいた後、オレンジを浮かべていただきました。口の中に甘さと柑橘の香が広がりました。

日頃はなかなかゆっくりと紅茶を入れていただく機会がありませんが、この日は優雅で贅沢なひとときを過ごすことができました。講師の先生方を始め関係者の方々に感謝申し上げます。

地区ガバナー公式訪問・合同例会

2016年9月6日12:30〜14:00、ホテルグランヴィア大阪において、ライオンズクラブ国際協会335-B地区1R2Z地区ガバナー公式訪問・合同例会が開催されました。

日時: 2016年9月6日(水)12:30〜14:00
場所: ホテルグランヴィア大阪
ホストクラブ:大阪梅田ライオンズクラブ

20階『名庭(なにわ)の間』に1R2Zに所属する全8クラブが終結し、盛大な例会となりました。

大阪はなみずきLCからは、当クラブ理事L平山が会長L松本の代理として登壇致しました。

開会と地区ガバナー挨拶

ホストクラブ大阪梅田LC会長L新谷充則のゴング・開会宣言の後、物故ライオンズへの黙祷などを経て、キャビネット役員及び各クラブ会長紹介が行われました。その後、同会長による新地区ガバナーL川野浩史の紹介と挨拶・方針説明がありました。

今年度の地区ガバナースローガンは「夢と情熱 We Serve We Smile」です。「3本の指に入るようなことをしたい」とスポーツマンらしい熱いご挨拶をされました。

国際協会の紹介

途中、今年度の国際協会のプロモーション映像が流されました。今年度のスローガン「New Mountains to Climb」(次なる山を目指して)の紹介や、新会長Bob Corlewの挨拶、各国での活動紹介などがありました。活動内容としては、次世代を担う子どもたちを大切にするという考えからか、アフリカでの食糧支援や子どもの視力検診といった子どもに対する支援が多い印象を受けました。福岡で開催されました国際大会の様子も知ることができました。

ちなみに、この後国際協会からの表彰があり、大阪はなみずきLCも表彰を受けたのですが、会長代理L平山の可愛い「ウォー\(^^)/」を見ることが出来ました。

運営方針説明

その後、地区ガバナーL川野浩史が歴代地区ガバナーのスローガンや実績等をご紹介されました。過去には医師兼落語家の地区ガバナーもいらっしゃったようです。また、委員会紹介の中では、現役のお坊さんがいらっしゃるとのことでした。ライオンズには色々なバックグラウンドの人がいるからこそ、様々なアイデアを出し合ってアクティビティを実現できるのでしょうね。

今年度の運営方針として、仲間を増やすハンドブックの交付やアクティビティカードの作成など、ライオンズの結束を内側から強くし、外にも輪を広げていく方法が多数紹介されました。

乾杯と会食・懇談

8月24日の当クラブの例会にもいらした1R2ZゾーンチェアパーソンL山内祥子からご挨拶と乾杯のご発声をしていただきました。今年度地区ガバナーのスローガンにのっとって、チェアパーソンの「We Serve」のご発声の後、「We Smile!」と声を揃え、食前のシャンパンを飲み交わしました。

大広間での豪華なランチということで、はなみずきのメンバーも盛り上がりました。

閉会

ドネーションの発表などを経て、閉会となりました。

335-B地区1R2Zだけでもこれだけ大勢いるのですから、ライオンズが結束したらどんな新しい山(New Mountains)でも超えられそうですね。

1R2Z ゾーン・チェアパーソン職務訪問合同例会

2016年8月24日、大阪はなみずきLCが通常例会を開催している徐園において、大阪天神橋LC及び大阪曾根崎LCと合同で、1R2Zゾーンチェアパーソン職務訪問合同例会が盛大に開催されました。

日時: 2016年8月24日(水)11:30〜13:00
場所: 徐園
ホストクラブ:大阪はなみずきライオンズクラブ

会長挨拶

近年会員減少に悩むクラブが多いですが、各LCの会長挨拶からは、いずれのクラブも、その規模に関わらず、クラブとしてどうやってその地域社会に貢献することができるかを一生懸命考えて主体的能動的に活動している様子が伝わってきました。

この後の幹事報告でも、「ライオンよ、もっと街に出よう」というスローガンが紹介され、ただ漫然と例会に出席するのではなく、ライオンとして何ができるかという意識を常に持つことが大切だと思いました。

ゾーンチェアパーソンのご挨拶

1R2ZゾーンチェアパーソンL山内祥子のご挨拶では、色々な興味深いお話を伺うことが出来ました。

今年の国際会長は、アメリカ合衆国テネシー州の元裁判官Bob Corlew(ボブ・コーリュー)氏だそうです。L山内祥子自ら写真入りプラカードをお持ちになって「『ボブとコーリュー(交流)しようよ』で覚えてください」とおっしゃったので、皆様もう忘れませんね??「次なる山を目指して」が今年のテーマだそうです。皆で力を合わせて山の頂上まで、そしてまた次の山へ、一つ一つ挑戦していきたいものです。

テールツイスター

ラッキーカードが配布され、抽選の当選者にはNPO法人コーナスの授産施設、アトリエ・コーナスで作られた美味しいクッキーが配られました。

L三宅、L桝家眞由美、お二人ともご活躍だったのに写真を撮り忘れてすみませんでした。決してクッキーを貰おうと必死になっていたわけではございません。(ちゃっかり当選して美味しくいただきました。)L三宅、今度はちゃんと撮りますのでまたあの素敵な赤いワンピースで例会にいらしてください。

閉会

会食歓談時には各テーブルで外のLC会員と交流し、有意義なひと時を過ごすことができました。

次回(9月6日)に開催される335B地区1R2Zの8クラブ合同の例会も楽しみです。

第268回例会|貴船川床ランチ(移動例会)

L今村直子の企画で、メンバーの親睦を深めるための移動例会が京都貴船で行われました。

会長L松本輝美が掲げる「楽しい移動例会」の第1弾がL今村直子の企画でスムーズに実現!

京阪の淀屋橋駅で集合して、遠足気分で始まった楽しい例会は、会長L松本輝美のご主人と、わたくしL桝家眞由美の友人L蚊野正子を迎えて和気藹々と行われました。

ドイツのハノーファーのエギディウスライオンズクラブのチャーターメンバーで現在も在籍中のL蚊野正子もこの日ははなみずき色に染まって楽しい時間を一緒に過ごしてくださいました。

貴船「ひろ文」でのランチの後、貴船神社でお参りをし、その後京都四条へ繰り出して「鍵善」の葛きりで締めくくった、とてもグルメな例会でした。

企画者のL今村直子に感謝と乾杯!

地震と自然災害 – 災害に備えよう – |菅野耕三氏を迎えて〜

大阪はなみずきLCと大阪堂島LCの初合同例会でした。今日から実践できる地震対策についてご講演いただきました。

大阪はなみずきLC第263回・大阪堂島LC第1326回
第1回 合同例会プログラム

日時: 2016年5月24日 11:30〜12:45
場所: 徐園

《ゲスト》
大阪教育大学 名誉教授 菅野耕三(すがのこうぞう)様


初めての合同例会開会「地震に備えよう」

本日は、大阪はなみずきLCと大阪堂島LC初めての合同例会が開催されました。多数のゲスト・ビジター、他LCからのご訪問者を迎え、徐園6階の大きな宴会場にて盛大に行われました。

本日の目玉は、地震の研究で著名な大阪教育大学名誉教授の菅野耕三様による講演「自身と自然災害〜災害に備えよう〜」でした。菅野先生が大阪堂島LCのL.佐藤忠明の高校の後輩でいらっしゃったことから今回のご講演が実現したとのことです。

ユーモアや「ココだけの話」を交えながら、楽しく分かりやすく、地震への備え方を教えていただきました。

地震は予知できない、最悪の事態に備える

地震が発生するメカニズムというものも地震により様々であり、また地震発生後に津波が起こる、台風が起こるなど他の条件が重なることによって、被害の程度も様々であるため、最悪の事態を考えておかなければならないとのことです。東北では、一般公開されている地震防災計画以上の被害が出、また、かの関東大震災では同じ時期に台風が上陸し火が燃え広がり大火事になったとのことです。

また、地震は予知することができず、むしろ前触れもなくやって来るのが地震であるとのこと。本年発生し今も余震が続いている熊本地震では、震度7の地震が2度起こったことから、当初発生した地震が本震であるのか、本震の前の前震であるのかと議論がされているところですが、菅野先生によればいずれも本震であるとのことです。

では、私たちは一体どうやって地震に備えたら良いのでしょうか?

一つは、地震ハザードマップなどで地震による被害が発生しやすい場所をあらかじめ調べておくことです。実は、上町断層の真上を、某地下鉄線が走っているのだとか。大型建築物の建造にあたっても、活断層から離す、複数建物を組み合わせて耐震を強くする等の対策がとられているそうです。

また、平時より、罹災した際にどうするかを確認しておくことです。地域の避難所のほか、いざというときにどうやって連絡をとるか、待ち合わせ場所はどこにするかを決めておくと良いです。ちなみに、大阪市営地下鉄は、停電から40秒経つと電機が復旧する仕組みになっているとのことですので、もし地下鉄で被災することがあれば慌てずに待った方が良いとのことです。

そして、備えあれば憂い無し、食糧の備蓄やつっかえ棒などの防災グッズを利用しましょう。最近、いわゆる「三角スポット」に避難すれば安全であるという情報が出回っていますが、菅野先生によれば信じてはいけないとのことです。もし、倒壊した家屋の下敷きになってしまったら?救急車両の騒音で助けを呼んでも聞こえません。救出される迄飲まず食わずです。常日頃からポケットに飴(チョコ)と笛を忍ばせておくと良いと教えていただきました。

閉会

ご講演の後、しばし各テーブルで大阪はなみずきLCと大阪堂島LCのメンバーが歓談、交流しました。その後報告等があり、また会う日までを合唱し閉会の運びとなりました。

終わりに

今後も今回のように他のLCと交流する機会があればと思います。

地震は他人事ではなくいつ自分が被災してもおかしくない、出来る限りの対策をしておれば被害を最小限に抑えられる、ということを学ばせていただきました。今一度、ご家族や職場の方と、今地震に遭って果たして対策ができているのかを確認されてみてはいかがでしょうか。

5クラブ合同お花見例会

この季節に毎年恒例となっている合同例会は大阪の桜ノ宮にある帝国ホテルで『お花見例会』として開催されます。

日時: 2016年4月5日 12:15〜14:00
場所: 帝国ホテル大阪 22F ペガサスの間
大阪西LC 第1346回
大阪扇町LC 第1278回
大阪天神橋LC 第1187回
大阪はなみずきLC 第260回
大阪梅田LC 第1380回


ホストクラブ:大阪梅田ライオンズクラブ

この季節に毎年恒例となっている合同例会は大阪の桜ノ宮にある帝国ホテルで『お花見例会』として開催されます。

今回は大阪梅田ライオンズクラブがホストクラブで開催されました。

合同例会では各クラブからの幹事報告がされました。

4月が誕生月のメンバーには各クラブ会長から誕生日プレゼントの贈呈。

各クラブのテールツイスターからのドネーション報告もされました。
ドネーションの一部としてラッキーカードの販売も行われ、今年のラッキーカードくじの景品は帝国ホテルの桜あんぱんが配られました。

今年のアトラクションはエンターテインメントとして大阪出身の歌手オカダユータさんと木村愛佳さんの歌を聴かせていただきました。

各クラブのライオン同士の交流も深まり、またこれからも頑張れる元気をいただきました。

We serve!