いずみそれいゆライオンズクラブ例会訪問

いずみそれいゆライオンズクラブの例会訪問をさせていただきました。@ホテルきららリゾート関空

2018年1月17日、ホテルきららリゾートにおいて、いずみそれいゆライオンズクラブの例会訪問をさせていただきました。

いずみそれいゆライオンズクラブの例会は、皆様揃いの黒のジャケットを羽織られ、例会開始時刻まであと何分というアナウンスがなされるなど、きっちりした雰囲気がありながらも、食事の時間になると非常に和気あいあいとアットホームな雰囲気だったのが印象的でした。

新会員入会式  
この日は、光栄にも、新会員の入会式にも列席させていただくことができました。
会員らがペンライトを振る中、「ライオンズの光」(下記に全文)が朗読されました。小さな明かりも、集まれば多きな光明となる。幻想的かつライオンズの理念を確認できる大変素敵なイベントでした。

会則勉強会
335-B地区会則委員長のライオン八木勝治に、会則勉強会を実施していただきました。
いずみそれいゆの会員からも大阪はなみずきの会員からもたくさん質問が出て、活発な勉強会となりました。

335-B 地区 会則委員長 LC八木勝治

お食事
見た目もお味もすばらしく、女性にとても嬉しいランチでした。ランチを楽しみに例会にきてしまいそう(笑)

見た目も味もおいしいランチ

終わりに
今回の例会訪問は、 同じ女性クラブとしても、大変参考になり、刺激をいただきました。
誠にありがとうございました!

「ライオンズの光」
一本の明かり
一本の、小さな明かり
それはわずかに身の廻りを照らすにすぎない
しかし幾千万と集まれば
影と闇とをなくする一本の、小さな明かり
巨大な光明となるにちがいない

一本の明かり
一本の、温かい明かり
それはライオンズ精神にもたとえられる
一人の胸にともされたライオンズ精神は
たとえその明かりは乏しくとも
その光は地域社会を照らしつづけよう

ライオンズの願いは限りなく大きい
だから、すべてのライオンよ
今こそ胸の光を結集して
太陽のごとく
奉仕と友愛との輝きを
地上のいたる所にゆきわたらせようではないか

骨髄ドナー登録にご協力をお願いします

ご存知ですか?献血会場等で骨髄バンク登録が出来ます。

1月9日の新年例会には、浅野祐子様(関西骨髄バンク推進協会 事務局)と村上竜政様(大阪府赤十字血液センター献血推進一部推進課 主事)にお越しいただきました。このたびは、貴重なお話を賜りありがとうございました。

村上竜政様からは、ドナー登録の方法等についてお話いただきました。
現在、献血ルームや、一部献血会場でもドナー登録が出来ることをご存知でしたか?献血実施前の採血で、骨髄バンク用に少量余分に採取してもらうだけで可能なのです。献血をされる際には、骨髄ドナー登録も可能か、ご確認されてはいかがでしょうか。

浅野祐子様からは、患者として骨髄ドナーを待つ立場にいらっしゃったご経験もお話いただきました。
骨髄移植は、他の治療方法がもう無い時の、言わば生きるための最後の砦です。骨髄の型(HLA型)が適合して移植が可能になる確率は、兄弟姉妹間で25%、非血縁者間では数百~数万分の1といわれている中、愛する家族と自由に会うことも出来ず、不安な気持ちの中ひたすらドナー適合を待つ日々、元当事者の方のお話には迫るものがございました。

骨髄・末梢血幹細胞を提供できる年齢は、20歳以上55歳以下、この他にもドナーとなるには要件があります。
適合ドナーを今か今かと待ちわびている患者様、そのご家族が大勢いらっしゃいます。
ドナーの条件を満たす方々には積極的に登録をお願いしたいと思います。

YCE生受け入れ表彰

クリスマス合同家族例会’17

12月16日、天満ライオンズクラブ主催でクリスマス合同家族例会が開催されました。

2017年12月16日、リーがロイヤルホテル大阪において、天満ライオンズクラブ主催でクリスマス合同家族例会が開催されました。
お食事が美味しかったのはのはもちろんのこと、プロのバイオリン・ピアノ演奏に恒例のビンゴ大会に、大盛り上がりしました。

当クラブは、初めて、クリスマスソングの女性2部合唱をさせていただきました。
なかなか思うように練習時間が取れず、しかもプロのバイオリン・ピアノの美しい演奏の最後の2曲が被ってしまい(なんと2曲目はジャズ風の曲調まで!笑)色々な意味でドキドキとスリルに満ちあふれた気持ちで本番に臨んだのですが、会員のお子様方が登壇して一緒に歌ってくださり、会場の皆様が盛り上げてくださったおかげで、楽しく演奏することができました。

楽しいクリスマス例会の始まり始まり〜!
テーブル写真。
テーブル写真2。
かぶり物が良くお似合いです★

両クラブの会長幹事、会員の皆様、ご家族の方々そしてホテルの方々に感謝致します。

京都大学 iPS細胞研究所 所長山中伸弥教授|チャリティ講演会

2017年2月4日13:00〜15:00、ライオンズクラブ100周年を記念し、1R合同で、京都大学iPS細胞研究所所長山中伸弥教授によるチャリティ講演会が開催されました。

ライオンズクラブ国際協会|100周年記念奉仕チャレンジ

チャリティ収支のご報告

かの有名なノーベル賞受賞者による講演会ということで、会場の椅子が足りず多数の立ち見席が出るほどの盛況ぶりでした。

その結果、計375万円のチャリティ収益があり、iPS細胞研究基金に全額ドネーションさせていただきました。

はなみずきは、チケット総売上枚数1126枚中、なんと115枚ものチケットを売り上げました! 少人数のクラブでありながら、20以上ある1R所属クラブ中第2位の売上をあげたことは驚異的です。

講演内容について

山中教授は、研究者になろうと思ったきっかけ、iPS細胞発見に至った経緯、そしてiPS細胞の可能性について、関西人らしくユーモアを交えて笑いを取りながら講演してくださいました。

以下、医学の素人が噛み砕いて書きましたので不正確な部分もあるかと存じますが、iPS細胞にご興味を持っていたき、iPS細胞研究基金(0120−80−8748)にご協力賜われればと思います。iPS細胞についての詳細は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)のサイト(http://www.cira.kyoto-u.ac.jp)などをご確認ください。

⑴ iPS細胞とは?

人の体は、多数の細胞が集まって出来ています。生まれたときは、受精卵という1つの細胞ですが、これが皮膚の細胞、肝臓の細胞、神経細胞、心筋細胞など様々な細胞に分化して一人の人間が作り上げられています。

逆に言えば、分化した細胞を、受精した頃のあらゆる細胞に分化する能力をもった細胞(これを「幹細胞」と言います。)に戻すことが出来れば、人の臓器や血液等人を構成しているあらゆる器官を作り出すことができ、様々な病気、障害に対する新たな治療方法が見いだせるとして研究がされていたものです。まるで、ゆで卵を生卵に戻すような話であり、かかる試みを夢物語だと考える研究者も多かったようです。

1981年、ES細胞(胚性幹細胞)が開発されましたが、受精卵を使用するという点で倫理的な問題がありました。その点を解決したのが、2006年、山中伸弥教授のチームが開発したiPS細胞でした。

iPS細胞は、体細胞に、酵素を入れて培養することによって、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ多機能性幹細胞に変化させたものを言います。ES細胞とは違って、皮膚などの採取しやすい細胞からも生成が可能です。

iPS細胞は「induced pluripotent stem cell」の略です。ちなみに、iPSの「i」だけ小文字なのは、山中教授が同細胞を発見した当時ノリにノッていたアップル社が、iPod、iBook等と標記していたのに倣ったそうですよ。

⑵ iPS細胞にできること、今後の展望

以下の4つがiPS研究の目標であるとのことです。

  1. iPS細胞のストックを柱とした再生医療の普及
  2. iPS細胞による個別化医薬の実現と難病の創薬
  3. iPS細胞を利用した新たな生命科学と医療の開拓
  4. 日本最高レベルの研究支援体制と研究環境の整備

先に申し上げたとおり、iPS細胞は如何なる細胞にも分化する可能性を持つ細胞ですので、疾患のある患者の臓器、器官等を一から作って取り替えてしまうといったことも可能になると考えられます。

その中でも、特に実用化が近くまた期待が高いのが、血液です。血液は、ABO型とRH型さえ適合すれば、輸血が可能ですので、iPS細胞から血液の幹細胞を作り出せば、献血が要らなくなるのです。今後高齢化社会の加速により献血量の減少が見込まれる中、大きな期待が寄せられています。

iPS細胞においても、臓器提供の際に「ドナーとの適合」や「免疫反応」といった話があるように、他人から採取した細胞から作った臓器等を移すと免疫反応が出てしまいます。血液はこの点をクリアしやすいという点でも注目されています。

本人から採取した細胞をiPS細胞にすれば免疫反応の問題はクリアできるではないかと思われるかもしれませんが、どの分野でもオーダーメイドは高くつき、時間がかかってしまうものです。iPS細胞とて例外ではなく、オーダーメイドによる時間とコストは衣服とは桁が違います、これがiPS医療の普及という点で大きなネックとなります。

そこで、免疫反応の出にくいドナーから細胞を採取して、iPS細胞ストックを作り、各細胞に育て上げて大量生産することで、時間とコストを節約する試みがなされています。

平成26年には、世界で初めて、目の病気「加齢性黄斑変性」に対してドナーのiPS細胞を使用した移植手術が行われ、現在経過は良好とのことです。

⑶ 寄附を募る理由

現在、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、日本赤十字社や臍帯血バンク等と協力して拒絶反応を起こしにくいドナーを掘り起こし、細胞調整施設で細胞のストックを保管して研究に打ち込んでおられます。

しかし、日本における科学一般に対して言えることでもあるのですが、諸外国と比較して研究予算が著しく低いという問題があります。高い技術と能力を要する研究分野であるにも関わらず、研究者の方々の殆どは被正規雇用であり、経済的な面で研究に没頭できる環境にあるとは到底言うことができません。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の皆様に生活の不安を抱えずに研究していただくためにも、iPS細胞研究基金(0120−80−8748)にご連絡いただき、ご寄付を給われればと存じます。

本講演を実現していただいた京都大学iPS細胞研究所(CiRA)様、リーガロイヤルホテル大阪様その他関係各所の皆様に御礼申し上げます。

第275回例会|紅茶セミナー

2016年11月22日11:30〜14:00、シティタワー大阪天満34Fスカイラウンジにて、ティーライフスタイリスト/ハーブティインストラクターの砂川愛子先生・西田朋香先生をお招きして第275回紅茶例会が開催されました。

本例会には、地区FWT委員長L笹部美千代(岸和田コスモスLC)なと地区FTW委員・元委員及び大阪天神橋LC、また当クラブメンバーの友人方にもお越しいただきました。

於:シティータワー大阪天満 「スカイラウンジ」

「子どもの貧困について」

2016年8月30日に開催されました335-B地区主催FWTセミナー「輝く子どもの未来のために」(今、ライオンズとして何が出来るのか?)について、L笹部美千代よりお話いただきましたので、メインである紅茶セミナーのご報告をさせていただく前に少し書かせていただきます。

日本では、6人に1人の子どもが、「相対的貧困」、すなわちその社会で大多数が当たり前と思っている生活ができず、社会参加ができない状況に陥っています。特に、母子家庭において深刻な状況となっており、母親が懸命に働いても賃金が低く、貧困から脱出できず、その結果子どもが十分な教育を受けられず貧困が繰り返されることが懸念されています。

数年前には、今回の例会会場のすぐそばで、親子が餓死するというショッキングな出来事がありました。生活保護を受ければよかったのに、分からないなら誰かに相談すれば良かったのに。私たちはそう思っても、そういう知識もなければ相談して頼れる人もいない方が世の中にはいます。このような方々にどうやってアクセスするかというのは本当に難しい問題です。

紅茶例会

以下、講師の先生方に配っていただいたレジュメに、教わったことを追記して記載させていただきます。
今後紅茶を召し上がる際には是非参考にしてみてください。

☆おいしい紅茶とは

美味しい紅茶の条件は
 ①香り ②水色(すいしょく) ③味わい
の3つであると言われています。
この中でも特に大切なのが「味わい」です。味わいを引き出すポイントは以下の2つです。

  1. 汲み立ての水道水を使う
    理由:汲み立ての水道水は酸素を多く含み、これが閉じた紅茶の茶葉を開かせるため
  2. 熱湯(限りなく100℃に近いお湯)で淹れる
    理由:茶葉のタンニンが美味しく抽出されるため

☆おいしい紅茶の淹れ方

一人分の分量:茶葉3g(約小さじ1杯)、お湯165cc

  1. 水道から汲み立ての水道水を使用し、強火でたっぷりお湯を沸かします。
  2. ティーポットを温め茶葉を量り入れます。
    茶葉を対流させるために2杯分(6g)以上入れましょう。
    ※ティーポットを温める時は、ティーポットティーポットに少しお湯を入れ、蓋をしてくゆらせます。
  3. しっかりと沸騰されたお湯(ポコポコしだしてから30秒〜1分沸かす)をティーポットに注ぎます。
    この時、お湯の温度が下がるのを防ぐためにティーポットをやかんの近くに持って行きます。
    ※お湯は、10円玉大の泡が出て来る頃が目安です。
  4. ティーコジーをかぶせて砂時計で時間を計ります。
    茶葉を蒸らす時間の基本は3分、茶葉の大きさによって変わります。
    ※ティーポットの下にティーマットを敷くと、より熱が逃げにくくなります。なるべく温度が下がらないようにするのがポイントです。
  5. できあがった紅茶を別のポットに移し濃さを均一にします。(ポットtoポット)
    ※移し替えるさきのポットも温めておくと良いです。
    →美味しい紅茶のできあがり!
    紅茶は最後まで出し切りましょう。

☆Q&A

Q:
ティーバッグのお茶はどうやって入れるのが良い?
A:
カップをあたため、お湯を入れからティーバッグを入れましょう。(ティーバッグを先に入れると、ティーバッグが浮いてしまいます。)
Q:
ミルクティーを作る時のミルクの温度は?
A:
温めると牛乳特有の香が出てくるので、基本的に温めるのはNGです。寒い日に温めるとしても、ピッチャーだけ温めるのがベターでしょう。

☆終わりに

紅茶と一緒に、「バッテンバーグ」というケーキをいただきました。名前の由来は、その見た目が、ヴィクトリア女王の孫が嫁いだドイツの貴族の紋章に似ているためです。紅茶といただくために作られたケーキということで、甘さ控えめで大変美味しかったです。

紅茶はストレートでいただいた後、オレンジを浮かべていただきました。口の中に甘さと柑橘の香が広がりました。

日頃はなかなかゆっくりと紅茶を入れていただく機会がありませんが、この日は優雅で贅沢なひとときを過ごすことができました。講師の先生方を始め関係者の方々に感謝申し上げます。

御幣島小学校の冬芝種蒔き

平成28年10月2日、大阪市立御幣島小学校にて、児童や父兄の皆様とともに芝生の種まきを行いました。

小学校の芝生の種まきは、当クラブの平成27年度会長L内田が先陣に立って始動させたプロジェクトです。
当クラブからは、L前川、L今村、L三宅及びL西山が参加しました。また、天神橋ライオンズクラブからも若干名ご参加いただきました。(L近藤様、お写真ありがとうございました。)

芝生の種まきは、芝生が減っているところ、はげているところを中心に、種を撒いて、そこに土をかぶせてほうき等でならしていきます。
子ども達は、紙コップに入った種や、手持ちオルゴールのような種まき機を持って、わいわいがやがやと作業していました。(子ども達の笑顔の写真を載せられないことが残念でなりません!)

芝生には、ところどころ雑草が生えて、ジャングルジムの足元に可愛らしい花が咲いていたりと、砂のグラウンドでは見られない美しい光景でした。

芝生の種まきは、子ども達にとって、芝生を大切にしようという心を育み、また作業の過程で家族や先生とコミュニケーションをとる良い機会になっていると思われます。
まだ始まったばかりのプロジェクトですが、地域の皆様に支えられながら末永く続いて行くことを期待しています。

地区ガバナー公式訪問・合同例会

2016年9月6日12:30〜14:00、ホテルグランヴィア大阪において、ライオンズクラブ国際協会335-B地区1R2Z地区ガバナー公式訪問・合同例会が開催されました。

日時: 2016年9月6日(水)12:30〜14:00
場所: ホテルグランヴィア大阪
ホストクラブ:大阪梅田ライオンズクラブ

20階『名庭(なにわ)の間』に1R2Zに所属する全8クラブが終結し、盛大な例会となりました。

大阪はなみずきLCからは、当クラブ理事L平山が会長L松本の代理として登壇致しました。

開会と地区ガバナー挨拶

ホストクラブ大阪梅田LC会長L新谷充則のゴング・開会宣言の後、物故ライオンズへの黙祷などを経て、キャビネット役員及び各クラブ会長紹介が行われました。その後、同会長による新地区ガバナーL川野浩史の紹介と挨拶・方針説明がありました。

今年度の地区ガバナースローガンは「夢と情熱 We Serve We Smile」です。「3本の指に入るようなことをしたい」とスポーツマンらしい熱いご挨拶をされました。

国際協会の紹介

途中、今年度の国際協会のプロモーション映像が流されました。今年度のスローガン「New Mountains to Climb」(次なる山を目指して)の紹介や、新会長Bob Corlewの挨拶、各国での活動紹介などがありました。活動内容としては、次世代を担う子どもたちを大切にするという考えからか、アフリカでの食糧支援や子どもの視力検診といった子どもに対する支援が多い印象を受けました。福岡で開催されました国際大会の様子も知ることができました。

ちなみに、この後国際協会からの表彰があり、大阪はなみずきLCも表彰を受けたのですが、会長代理L平山の可愛い「ウォー\(^^)/」を見ることが出来ました。

運営方針説明

その後、地区ガバナーL川野浩史が歴代地区ガバナーのスローガンや実績等をご紹介されました。過去には医師兼落語家の地区ガバナーもいらっしゃったようです。また、委員会紹介の中では、現役のお坊さんがいらっしゃるとのことでした。ライオンズには色々なバックグラウンドの人がいるからこそ、様々なアイデアを出し合ってアクティビティを実現できるのでしょうね。

今年度の運営方針として、仲間を増やすハンドブックの交付やアクティビティカードの作成など、ライオンズの結束を内側から強くし、外にも輪を広げていく方法が多数紹介されました。

乾杯と会食・懇談

8月24日の当クラブの例会にもいらした1R2ZゾーンチェアパーソンL山内祥子からご挨拶と乾杯のご発声をしていただきました。今年度地区ガバナーのスローガンにのっとって、チェアパーソンの「We Serve」のご発声の後、「We Smile!」と声を揃え、食前のシャンパンを飲み交わしました。

大広間での豪華なランチということで、はなみずきのメンバーも盛り上がりました。

閉会

ドネーションの発表などを経て、閉会となりました。

335-B地区1R2Zだけでもこれだけ大勢いるのですから、ライオンズが結束したらどんな新しい山(New Mountains)でも超えられそうですね。