献血奉仕活動アップデート|2017年9月

9月の西梅田献血ルームの結果(13日:タロット占い、8日 & 22日:ネイルサービス)& OAPタワーでの献血活動結果(28日:メンバーによる活動)

西梅田献血ルーム

今回は献血委員長のL西山あかねと共に、西梅田献血ルームでのネイルサービスでご協力頂いている氷室さくら先生(左)と國木由美先生のご活躍の姿を見学させていただきました。

とっても可愛らしい西梅田献血ルーム用のメニューも用意していただいていて、感謝の気持ちでいっぱいです。

お二人とも素敵な笑顔と楽しいトークでドナーの方々に接していらっしゃいました。いつもありがとうございます!!

9月の献血報告

13日(タロット占い)8 & 22日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 81
200mL 8
成分採血数 111
合計 218 195 23

OAPタワー

9月29日の献血報告

受付数 採血数 不採血数
400mL 57
200mL 3
成分
合計 74 60 14

献血奉仕活動アップデート|2017年8月

8月の西梅田献血ルームの結果(9日:タロット占い、18日 & 25日:ネイルサービス)

西梅田献血ルーム

8月の献血報告

8月9日(タロット占い)

受付数 採血数 不採血数
400mL 30
200mL 4
成分採血数 41
合計 88 75 13

7月18日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 37
200mL 3
成分採血数 43
合計 91 83 8

7月25日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 35
200mL 2
成分採血数 29
合計 74 66 8

居場所のない子どもたちに〜私たちはなにができるのか〜

なぜ、居場所がないのか、そしてどのように向き合うのか。居場所のない子どもたちの現状を見つめ、今、私たちになにができるのかというシンポジウムが開かれました。

於:大阪市北区社会福祉協議会

北区で11月に行われる「私たちは『買われた』」展に先駆けて、居場所のない子どもたちの悲しい実情を認識させられたシンポジウム。少年事件の付添人活動をされているお二人の弁護士の先生から居場所のない子どもたちの現状を聞かせていただきました。

私たちは『買われた』展

平成29年11月9日(木)〜 12日(日)
会場:IRORIMURA(イロリムラ):大阪市北区中崎1丁目4番15号
運営協力金(入場料):1,500円(高校生以下無料)
※事前申込制

NPO法人 子どもセンターぬっく(子どもシェルター)

15歳〜20歳未満の女子を対象に、困難を強いられ、帰る場所のない子どもたちの緊急避難場所として設立されたぬっくには「ひとりぼっちにしない」という思いが馳せられています。

ぬっくの情報、支援方法などはホームページからご覧下さい。

http://www.nukku.info/

ぬっくでは子どもを支える“ぬっくメイト”も募集しています。

シンポジウムを終えて

質疑応答の時間があったのですが、繊細な問題だけに何を質問すべきかわからなかったので感想だけを述べさせていただきました。

15歳から20歳というと、カラダは大人として成長しているけど、心はまだまだ不安定という中途半端で難しい年頃かと思います。

近頃、幼い子どもたちも含む未成年者が粗末に扱われ、大切にされていないケースを耳にすることが増えています。(個人的には情報の発達で増えているように感じるだけで、実は昔から同じだけの数があったのかもしれないとも思っています。)

この少子化の時代に貴重な青少年がうまく育っていけない状況に置かれ、居場所がなくなり自暴自棄になる現実は大変悲しく、なんとか救いの手を差し伸べたいと思わずにいられません。

居場所をなくして、虚しいだけの温もりを求める子どもたちが健全に成長するための環境作りに、興味を持ってくれる社会が生まれれば、と思います。

孤立や居場所のなさは、成人社会でも起こる問題で、上手に成長して大人の社会で困難な状況にあった時にうまく対応できる成人に成長すれば、その結果、犯罪率も下がるのではないかと思います。

ライオンズクラブには青少年のためのライオンズクエストというプログラムがあります。将来を担う青少年に教育とチャンスと環境を与える活動が日本でも盛んに行われれば良いな〜と思います。

献血奉仕活動アップデート|2017年7月

7月の西梅田献血ルームの結果(12日:タロット占い、14日 & 28日:ネイルサービス)

西梅田献血ルーム

7月の献血報告

7月12日(タロット占い)

受付数 採血数 不採血数
400mL 23
200mL 1
成分採血数 38
合計 72 62 10

7月14日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 28
200mL 4
成分採血数 42
合計 79 74 5

7月28日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 41
200mL 6
成分採血数 35
合計 93 82 11

献血奉仕活動アップデート|2017年6月

6月の西梅田献血ルームの結果(14日:タロット占い、9日 & 23日:ネイルサービス) ー 今年度もご協力者のネイリストのお二人の先生、タロット占いの先生には大変お世話になりました。次年度も引き続きご協力いただけることをメンバー一同、嬉しく思っています。

【日本赤十字社】ありがとうの手紙 From 献血で救われたいのち – 急性リンパ性白血病を発症し、輸血を経験された友寄蓮さんの体験談を映像化(11分)。ご本人、ご家族、ご友人、担当医師の声から、「献血の必要性」をお伝えする動画(11分)も是非、ご覧ください。

西梅田献血ルーム

6月の献血報告

6月9日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 38
200mL 3
成分採血数 33
合計 81 74 7

6月14日(タロット占い)

受付数 採血数 不採血数
400mL 35
200mL 0
成分採血数 42
合計 85 77 8

6月23日(ネイルサービス)

受付数 採血数 不採血数
400mL 27
200mL 1
成分採血数 25
合計 58 53 5

第288回例会|ゲストを迎えて

西梅田献血ルームではなみずきの献血奉仕活動にご協力いただいているお二人のゲストからのスピーチ、そしてとってもお茶目な次期テールツイスターの初活躍でとても楽しい例会でした。

西梅田献血ルームのイベント

ライオンズクラブの奉仕活動の一つとして多くのクラブが献血に力を入れています。そして、はなみずきも例外ではありません。

西梅田献血ルームでは血液のドナーの方々に月に1度のタロット占いサービスと月に2度のネイルサービスを提供しています。今回はネイルサービスでご協力をいただいている氷室さくら様と國木由美様をお迎えしてスピーチをいただきました。

献血ルームに足を運んでくださるドナーの方々にネイルのサービスを提供する際、様々な会話や繋がりが生まれるそうです。献血ルームでの時間を「宝のような時間」と話してくださり、気持ちよくご協力をいただけていることを嬉しく思いました。

このように、メンバーの力だけではなく、ご協力者の力をお借りして奉仕の輪を広げることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

新星テール・ツイスターの活躍⭐︎

欠席だったテール・ツイスターの代わりに次年度のテール・ツイスターL西山あかねが「後出しじゃんけんゲーム」で例会を楽しませてくれました。

とってもお茶目なテール・ツイスターの誕生で、次年度の例会はさらに楽しくなりそうです。

1リジョン大交流会

1リジョンのクラブ同士でもっと交流を。そんな想いを込めて1リジョンチェアパーソンL北畑博義が引継会の後に大交流会を開催してくださいました!

於:ザ・リッツ・カールトン大阪

写真は2ゾーンチェアパーソンのL山内祥子から提供していただきました!

年度末!

ライオンズクラブの1年は7月1日に始まって6月30日に終わります。というわけで、この時期は様々な行事が重なりとても慌しくなります。

この日は「新旧地区役員・委員引継ぎ会」、そして「会長・幹事会」が午後に開かれました。

はなみずきからは新旧会長・幹事に加えL内田陽子が次期複合地区の地区役員として、L徳村初美が地区PR・IT委員として出席しました。どちらの委員も大変な役割で多忙になるそうです。はなみずきもお手伝いが忙しくなりそうな予感がしてきました!

大交流会

主催者のL北畑博義の挨拶で始まった大交流会は、1リジョン内のクラブ間でもっと交流を、という意味合いもあり、引継ぎ会に参加したメンバー以外も集まって、170名ほどの参加となりました。座るテーブルは抽選で決められ、また新しい出会いがありました!(素敵な人たちとの出会いが多いのはライオンズメンバーの特権かも♡)

同席の先輩ライオンの方達とiPS研究所へのチャリティの第2弾がしたいね、山中教授のお話の続きを聞きたいねって話も持ち上がりました。皆様は、どうでしょうか?

3分クラブPRタイム

交流会の酣で各クラブが順番に舞台に立ち、3分間で出し物を披露するというセッションが設けられました。いきなり転んで受けを狙うクラブやコミカルな俳句を詠んだり、ウクレレやギターを伴奏に歌を歌ったり、と準備万端で楽しませてくれるクラブがいくつかありました!

はなみずきは何も準備をしていなかったので、多くのクラブと同様、会長L松本輝美がクラブの活動について話をしました。

The More The Merrier!

後半、地区ガバナーのL川野浩史の挨拶、そしてL児玉隆からも挨拶をいただきました。

以前にも話されていたのですが、1リジョンが団結してアクティビティをというお話をされました。(今年の2月のiPS研究所へのチャリティがその試みの一つです)

そして1リジョンがリードして2リジョン、そして3リジョンと続いて団結していければ、というワクワクするようなお話をされました。ガバナー・エレクトもその方針を受け入れてくださっているそうです。

ひよっこライオンとしては、次期はどんな活動に参加できるのかなって、とても楽しみです!