第268回例会

今日は新しく賛助会員として戻ってきてくれたL谷上正育子の入会宣誓式が行われはなみずきメンバーにはとても嬉しい日でした。

於: 北京料理 徐園

入会宣誓式

この日の例会はとっても嬉しいイベントがありました。はなみずきのチャーターメンバーでしばらく退会されていたL谷上正育子がもう一度わたしたちの仲間入りをしてくれました。

L谷上のスポンサーのL山本克子とは中学と高校が一緒だったそうで、12歳からのお付き合いだそうです!

L谷上正育子は毎年はなみずきで恒例行事となっている薬物乱用防止教室の寸劇の少女役で欠かさず協力してくださって、退会されてからもはなみずきをとても大切に思ってくださっていた方なので、メンバー全員で歓声とともに歓迎しました!

We are Family!

はなみずきには設立当時からのチャーターメンバーに加え、一度は様々な事情で奉仕活動から身を引かれて、また戻ってきてくださるチャーターメンバーもあり、ファミリーのような雰囲気が生まれてきたようが気がします。

はなみずきのレガシー、そして会員増強

過去1年で出席したライオンズクラブのフォーラムやセミナーのほとんどで会員増強が強く訴えられていました。

でも、ネットワークビジネスのような数だけの勝負で会員増強するのではクラブのまとまりがなくなるような気がします。本当の意味での会員増強は時代の流れに添いながらも、今までクラブを築き上げてくれた先輩たちのレガシーを尊重し、なおかつこれから私たちにできる奉仕についてオープンに話し合える雰囲気を生み出すことが大切なのかもしれないと思いはじめています。そんな場所へ新しいメンバーを迎え入れることができたら、理想的だと思います。

はなみずきにはクラブをずっと支えてきたチャーターメンバー、L内田陽子、L平山恭子、L桝家小鈴、L松本輝美(あいうえお順)たちがいます。そして一度は退会して戻ってこられたL山本克子とL谷上正育子。彼女たちが築いてきたレガシーをもう一度見つめ直したいと思います。

羽ばたけ若い力! Enjoy Lions Life!

これは今期会長L松本輝美の会長テーマです。私が正会員になって1年が過ぎた今、はじめて会長がこのテーマに込めた思いが理解できたような気がします。

以前に元地区ガバナーL北畑英樹の講演で「ライオンズを好きになってライオンズバカになってください!」とおっしゃっていたのが妙に強烈に心に残っています。

自分のクラブを愛せないとライオンズクラブも愛することができないはずなので、まずは大阪はなみずきライオンズクラブで自分の能力で可能な役割を果たしながら、(理事会で疑問をぶつけて風あなを開けることも多いのですが)気がつけば、L松本会長のおっしゃるようにライオンズライフをエンジョイできていたと言う結果が生まれればいいなと思います。

投稿者: 桝家 眞由美

2017-2018 会計、マーケティング・コミュニケーション委員長